Top Page Main Image

風吹いて 匂ふが如し 青きばら

(撮影場所:横浜赤レンガ倉庫)
  サントリーとオーストラリアのIT企業が共同研究で「青い薔薇」を開発。青の色素を持った薔薇の誕生。「ガーデンネックレス横浜2017」(全国都市緑化よこはまフエア)赤れんが倉庫1号館に展示。

「季語」とは厄介なもの?〜

imai 俳句を始めたころ2年余りNHKの「俳句通信講座」を受講していた折、「一句には一季語」として徹底して季語の重要性を教えられました。一行の俳句のなかで、季語はその核心、キーワード一句の要、一句の命。要が二つも三つもあっては、句の印象が散漫となります。
 著名な俳人の句、ときに季重なりの句がありますが、その場合、二つの季語のなかのどれか一つが、いわば主たる季語として、大事な働きとしているのが普通」と
 最近、「柿生の細道」の閲覧者のTさんから次のご質問をいただきました。

   「魚捕りし カワセミ襲ふ 冬の鵙」
 大新聞の俳句投稿蘭に優秀作品として紹介されていたものですが、「カワセミ」は夏、「鵙」は秋の季語。「冬の鵙」とあるからこれは季重なりでは問題ではないでしょうが、よく理解できないがとの疑問です。
 又、大阪のKさんからは、著名な俳句雑誌に
 「白鷺の水輪小さく春を待つ」 季重ねではありませんか。と
 ところが、私の「図説大歳時記」(角川書店)や「季節別現代俳句選集」(俳句文学館)「NHK俳句手帳」には夏の季語として「青鷺」「白鷺」も掲載されていますが「ホトトギス季寄せ」(三省堂)には「白鷺」は無季として扱われているようです。
 Tさんも言われるように俳諧の常識に余りとらわれることなく自由な発想で対処なさってはいかがでしょうか。
 

代表幹事 今井 森夫

 
(撮影場所: )

鵯や 撮ってくれよと は〜いポーズ


伊豆の国市〜

asai 2月の終わり、名古屋からの帰り伊豆長岡を訪ねました。一気に東京まで帰れない訳でもないが、最近は途中の温泉地で一泊して帰るのが恒例となり、楽しみにもなっています。又、最近高齢者の交通事故が頻繁に報じられている折、予防的な行為だと自認もしています。
 さて、伊豆長岡は現在伊豆の国市と称されており、何故たいそうな名前を付けたのか疑問に思っていましたが、現地に行ってみて初めて判りました。平安時代末には源頼朝の流浪の地であり、北条政子とのロマンスが生まれた蛭ヶ小島と呼ばれていた地だったのです。
 また江戸時代は幕府直轄領で代官屋敷がこの地韮山に置かれていました。歴代の代官は江川家が務めており、幕末の代官は江川英龍(坦庵)で、長崎留学で得た西洋知識を得ようと佐久間象山 大鳥圭介 桂小五郎等が門下生として学んでいます。また、その知識をもとに反射炉を造り、鉄を製造しました。背景には開国を迫る列強の日本近海出没があり、国防のための大砲や武器製造に鉄を必要としたのです。ここですごいのは単なる知識だけでなく、それをもとに技術として実学にしたことです。
 日本人は物まねがうまいと言われてきましたが、最初は物まねであってもそのお手本を追い抜き、発展させてきました。最近は基礎研究から日本独自の技術が多数生まれています。その芽がここ韮山にもあったのです。反射炉は佐賀等の各地の雄藩に造られましたが、現在韮山と萩に遺構として残り、世界遺産に指定されています。
 日本の曙の時代、伊豆の国にこのような素晴らしい技術が生まれていたのと、歴史豊かな所だと改めて名前の由来を実感した旅でした。

幹事 淺井正之

 
(撮影場所:静岡県伊豆の国市韮山 )

反射炉に 技術と日本 想ふ春


瀬戸内の漂流郵便局〜

kume この3月末に故郷の実家で、母の33回忌の法事がありました。月日の流れは速いもので、もうそんなに経ってしまったのかと感慨深いものがありました。母が亡くなった4月4日、東京は桜が満開でした。
 当時は社宅に住んでいてその庭に咲いた桜の木の枝を失敬して実家に持ち帰りました。母は桜が大好きだったので、どうしても亡き母の枕元にそっと置いてやりたかったのです。供養しながら昨日のように想い出していました。
 ところで、いつか新聞のコラムで「届け先のないハガキを預かる場所」を読みました。漂流物が着く浜辺のように思いを受け止める「漂流郵便局」が瀬戸内海に浮かぶ粟島(香川県三豊市)にあるそうです。2〜3年前に芸術祭への参加作品として、旧郵便局舎を利用して設立されました。局留めで募ったハガキが多数にのぼり「亡き父母へ、早く逝った子へ、昔心を寄せた人へ… 今だから言える たくさん有難う」等々と。
 私も「母が重篤に陥った時に何故直ぐに見舞いに行ってやらなかったのか」と後悔してきましたから、一度この漂流郵便局あてハガキを出してみたいと思っています。「母に今一度逢いたい」と。
 今年も桜の季節を迎えました。健康で元気に過ごしたいものです。

幹事 武田 俊夫

 
(撮影場所: )

亡き母と 観たいと思う あの桜

What's New

 
2017/06/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
2017/05/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。特別寄稿に淺井幹事6点UPしました。  
2017/04/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。画面の小さなスマホに対応するために、全ての写真の下に横書きで俳句を表記しました。
 
2017/03/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
2017/02/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。画面の小さなスマホに対応するために、Top写真及び季節の便りの写真下に横書きで俳句を表記しました。順次全俳句に適応していきます。
2017/01/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
2016/12/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。  
2016/11/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。  
2016/10/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
2016/09/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
2016/08/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
2016/07/02
志水美子の朗読のページに「藤十郎の恋」を追加しました。  
2016/07/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
2016/06/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。  
2016/05/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だよりを更新しました。  
2016/04/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
 
2016/3/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
 
2016/2/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
2016/01/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の写真俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
久米祐二さんが退会し、武田俊夫さんが幹事に就任しました。特別寄稿の秀逸さんのコーナーを外しました。
2015/12/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
 
2015/11/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
特別寄稿は「平助さん」に変わり「ゆうきさん」の写真俳句になります。
 
2015/10/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の写真俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
写真俳句サロンに新しく香織さんが加わり、コーナーを新設しました。
   
2015/09/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
   
2015/08/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
 
2015/07/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の写真俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
 
2015/06/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
 
2015/05/01
メイン画像・カレンダー・季節の写真俳句だより を更新しました。
 
2015/04/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・季節の写真俳句だより・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
   
2015/03/01
 
メイン画像・カレンダー・「季節の写真俳句だより」更新しました。
   
2015/02/01
 
メイン画像・カレンダーの更新 「写真俳句サロン柿生」のページに「季節の写真俳句だより」コーナーを新設しました。
 
2015/01/01
メイン画像・エッセイ・カレンダー・「写真俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。
 
2014/12/17
 
「志水美子の朗読」に「大聖寺 浪越の松 天竜寺 永平寺 福井」「敦賀 色が浜」「大垣」を追加しました。
 
2014/12/01
 
メイン画像・カレンダーの更新 写真教室のEを追加しました。
「志水美子の朗読」に「市振 越中路」「金沢」「那谷 山中」を追加しました。
2014/11/16
「志水美子の朗読」に「象潟」「越後路(出雲崎)」を追加しました。
2014/11/01
メイン画像・カレンダーの更新 写真教室のDを追加しました。
「志水美子の朗読」に「月山」「鶴岡・酒田」を追加しました。
「LINK」に「牧 康子の部屋」を追加しました。
2014/10/13
「志水美子の朗読」に「大石田・最上川」「羽黒山」を追加しました。
 
2014/10/01
メイン画像・カレンダー・「俳句サロン」・「武田俊夫のスケッチ俳句 」を更新しました。「写真教室」に記事を追加しました。「志水美子の朗読」に「尾花沢〜山寺」を追加しました。
2014/09/15
「志水美子の朗読」に「平泉〜尿前の関」を追加しました。
2014/09/01
メイン画像・カレンダー・写真教室を更新しました
「志水美子朗読」のページに仙台〜石巻を追加しました
2014/08/01
メイン画像・カレンダー・写真教室を更新しました
2014/07/15
「志水美子の朗読」奥の細道「仏五座江門・日光 黒髪山 黒羽」を更新しました
2014/07/01
「志水美子の朗読」を新設しました
2014/07/01
「俳句サロン柿生」「武田俊夫のスケッチ俳句」を更新しました。
「写真教室」を新設しました。
2014/06/01
メイン画像・カレンダー・を更新しました
2014/05/01
メイン画像・カレンダーを更新しました
2014/04/01
「俳句サロン柿生」を更新しました
2014/04/01
メイン画像更新・森酔の写真俳句教室に「字余り、字足らず」「兼題」を追加しました
2014/03/01
メイン画像更新・森酔の写真俳句教室に「切れ字・季重なり・句またがり」を追加しました
2014/02/01
メイン画像更新・森酔の写真俳句教室に「季語」を追加しました
2014/01/02
"柿生の細道"ホームページ開設
2013/12
"写真俳句サロン柿生"発足


本サイトのご利用について

本サイトをご利用になりたい場合には下記にあらかじめご連絡下さい。
otoiawase@kakionohosomichi.art.coocan.jp
またホームページに関するお問い合わせ ご意見もこちらにお願い致します。

ページトップへ